42歳ママの高齢出産してわかったこと~このハードルはどんなに高くても超える価値がある~


高齢出産は大変なのだと、妊娠してから周りに指摘され初めて認識した私。

一体なにがそんなに大変なのか。

 

実際のところ、ありがたいことに妊娠期はなんの問題もなく、
いたって順調に幸せ気分にひたりながら日々を過ごすことができた。

 

が、出産直後から、大変の意味を痛感することになる。
まず、高齢出産は親もシニア世代なわけで、出産後 実家に頼れなかった。
これはイタい。退院直後から昼間は生まれたばかりの赤ん坊とふたりきり。
自分は出産直後で体が思うように動かないし、首も座らぬ赤ちゃんを連れて
スーパーに行く術を身につけてはいない。

はっきり言って昼間は食パンをかじって終わり。夕飯は旦那にお弁当を
買ってきてもらう。そんな生活をひと月以上は続けた。 そんなとき助かったのは、
ヨーカドーのネットスーパー。iPadから注文してアパートまで届けてもらう。

ここでパソコンでなくiPadなのもポイント。モデムや電源のスイッチを
入れることすらしんどかった私には、開くだけですむiPadは必需品だった。
あと食材以外で本当によく使ったのは、アマゾン。おむつからミルク、

そして離乳食の本までもアマゾンで買った。 お弁当ばかりの夕飯から
脱出できたのは、食材宅配サービスのヨシケイのおかげ。娘を連れて
スーパーに行けるようになるまで、数ヶ月お世話になりました。
欲を言えば、新米ママを応援するシリーズ、プチママシリーズの肉類の量が
あと半人前分多かったら今でも続けていたかも。

あとは体力面。昼夜逆な新生児期は、毎日睡眠不足に苦しんだ。
朝5時まで平気で飲み歩けた三十代が懐かしすぎる。
あのエネルギーが今あればと、本気で泣けてきた。

 

でも大変だって感じるのは、この2点だけか。
ちょっとだけ娘を実家に、ができないのは大変だし、ずっと抱っこしていないと
不機嫌になる娘を思うと体力はあった方がいいに決まってる。

でも、娘と会う前の生活に戻りたいかと聞かれたら、あり得ない、って答える
自分がいる。 高齢出産、たしかに大変な部分はあるけれど、もしそれで
あきらめていたとしたら、一生 娘に会えなかったのだ。

出産にはどんなハードルをも越える価値がある。私は今たしかに
そう感じている。 娘は今月で一歳を迎えます。

元気に育ってくれてありがとう!

 

20140707-230401-83041740.jpg

「保育園でもこの笑顔」

20140707-233503-84903507.jpg

「イクメン、娘と七夕を祝う」

 

あ、ヒラメの体重が実は大変なことになっているのですが、
詳しくは後日アップします!

今言えることは、ヒラメの体重は現在、大台超えしているということ。

ヒョエー!!

 

20140707-231052-83452874.jpg

あなたのことよ、ラメ子さん。。。

 

 

【ランダム★記事紹介】

2 thoughts on “42歳ママの高齢出産してわかったこと~このハードルはどんなに高くても超える価値がある~

  1. お久しぶり?です。
    マリリン&ディマジオママです。

    私も高齢出産ですけど妊娠期間は苦では無かったんですけど数個の持病で帝王切開の説明聞いた時には子供の顔見れないでサヨナラかもと焦りましたよ。
    持病無く、元気な人や若い人が凄く羨ましかったですもん。
    現に命危なくって私の免疫力を根こそぎ奪って産まれた元気な子供と3週間入院してましたもの。
    更に、入院代が恐ろしく金額いきましたよ。検査。検査で。
    凄く、ご飯不味かったのに。
    でも保険会社様、様でした。

    我が家は避妊手術してないマリリンが200g位太って2.1kgになって去勢しているディマジオは13kgと4kg位痩せましたよ。
    やっぱりストレスかなぁ?

  2. 色々と大変だったね。
    でも、まだこれからも色々あるよん!
    楽しい事もいっぱいあるのでみんなで楽しんでね。

    ラメちゃん、ビッグになって…
    何と言っていいのやら。
    次のブログを楽しみにしています。