皆さんが「子供英会話スクール」を選ぶ基準ってなんですか?


最近は小学校にあがる前から
英語に親しむ時間を作っている保育園や幼稚園が
増えてきているようです。

英会話を習うことは、ピアノを習うことと同じくらい
子供の習い事の中でもスタンダードな地位に登りつめました。

そんな今、
「子供英会話スクール」を選ぶ基準ってなんでしょう?

  1. ネイティブの先生がいること
  2. 日本人の先生が日本語で文法などの解説してくれること
  3. 親の負担が増えるので、宿題ができるだけ少ないこと

どうでしょうか?

実はこれは私が理想とする「子供英会話スクール」とは
正反対の条件なんです。

私が考える「よい子供英会話スクール」とは、

  1. 英語を第二言語あるいは第三言語として努力して習得した日本人の先生がいること
  2. 英語に慣れ親しむために、家庭でも毎日英語にふれることができる宿題が出ること
  3. 100%英語で授業をおこなう教室であること(子供の体調が悪いときなどの緊急時を除く)

レッスンで自信を持って英語を話す日本人の大人(先生)は
ほぼ日本語の環境中で生活している子供たちににとって
「憧れの的」でなければなりません。

ただし!先生の話す英語は、子供たちを“まどわせ”てはダメ!
ジェスチャーやアクション、教室にあるアイテムなどを使い
子供それぞれの英語学習歴によって先生が使う単語や表現は変えなくてはいけません。

「子供に負担なく、楽しみながら英語に自然となじんでいく環境」
を提供できる
子供英会話スクールが理想です。

先生自身もこのことを肝に銘じて精進しなければ
子供に英語など教えてはいけない、と私は思います。

どうでしょう?

単に英語を話すから「ネイティブの先生がいれば」という基準では
甘いことがわかりますよね。

少しえらそうな言い方になってしまいましたが、
このような質を備えた英会話スクールに
お子さまを通わせてあげてほしいと私は思います。

かく言う私も、この理想の環境を提供できる先生になるべく
少しずつですが目標に歩みを進めている途中。

子供達が将来受験や就職で有利になるために

ではなく、

子供達が自分の興味を持った分野で夢を実現するために

国境などものともせず自由に羽ばたいていけるように

夢に近づくための「ツール」として英語を身につけてほしい。
そう思うのです。

 
・英語の本を読んでいて
お気に入りのフレーズを見つけた喜び

・映画を観ていたら、字幕を見ずとも
ストレートに意味が理解できた瞬間のあの感動

私が英語に触れていて幸せだと感じた、このような瞬間を
子供たちにもたくさん味わってもらいたい。

今の日本の大人のように「苦手意識」なんて壁で
無限の窓を開くことができるこの鍵を
手にすることに臆病になってほしくない。

今は娘が小さいので
教える相手は娘に限らせていただいておりますが、
たくさんの子供たちの輝く瞳をさらに輝かせるために
ここに掲げた理想をいつかかならず実現したいと思っています。

そのときは是非
『ヒラメちゃん英会話スクール』を
どうぞよろしくお願いいたします^^

 

peek-a-who?がお気に入り

今一番の娘のお気に入り「peek-a-who?」


 

 

 

 

【ランダム★記事紹介】