「かんたん、品がある、おしゃれ」を満たす、ソーイング初心者におススメしたい『ソーイングブック』


45歳でソーイングを始めた、超面倒くさがりで不器用な私が
誰でも必ずソーイング人生を気軽にスタートできる
「かんたんで」「品があって」「おしゃれ」なソーイングブックをご紹介します。

まずは、私のソーイング人生が始まったきっかけからお話します。

172cmで63kgの私。

3Lサイズは明らかに大きすぎ、
Lや2Lでは、袖と丈が短すぎる。

そんな私の洋服を選ぶ基準は、
着たい服ではなく
入る服。

そんな私がソーイングに出会ったのは、娘が2歳のとき。
娘も年齢の割に体格がよいのです。
そのため、サイズ100を買うと、ウエストはぴったりだけど丈が長すぎる、
という、私の洋服選びとまったく同じ問題に直面しました。

そこでなぜか、家庭科大の苦手だった私が
「ミシンを買おう!」と思い立ったのです。

その無謀な直観が、大当たり。
自分がソーイング向きだと初めて知ることになりました。
45歳の夏。

以来、娘のパンツはもちろん、甚平、リュック、エプロン、浴衣、と
数えきれないくらいの点数を作り続けています。

小さいサイズの洋服は、短時間に出来上がるので、
ソーイングのとっかかりにはベスト教材でした。(娘は練習台?w)

これなら自分服もいけるかも!と、
「かんたん」「これならできる」系のソーイングブックや
サイトで購入できる型紙を、かたっぱしから試してみました。

まあ、「かんたん」とうたわれた型紙から作った洋服は
たしかにかんたんに出来上がりますが、出来上がりはそれなりなわけで。

かといって、こったレシピの洋服は、
読んでいるだけで、心が折れてしまいます。

そんなこんなでいろいろ作ってみて、
一番私に合っていたソーイングブックがこちら。

『KANA’S STANDARD Ⅱ
スタイリスト佐藤かなの
シンプルパターンでとことん楽しむ服作り』

かんたん
品がある
おしゃれで着回しがきく

挙げだしたらきりがないくらい、いいことだらけ。
過去に作った作品も機会があればご紹介したいと思いますが、
今日は昨日と今日で作った最新作をご紹介。

こちらのガーゼワンピースを作りました。
着画がこちら。

丈を10cm程度のばして作成。

コーディネイト画がこちら。

同じくKANA’S STANDARDⅡの
ノーカラージャケット(白リネンで製作)と合わせてみました。

ガーゼワンピは、ポケットなしのレシピでしたが、
同パターンでポケットありのレース付きワンピースを参考に
両脇にポケットをつけました。

佐藤かなさんのソーイングブックの使える点のひとつである
同じ型紙から数点作れること。
その数点が、それぞれ少しずつ変化が加えられていて、
これとこれを組み合わせて、といった変更が容易にできる点が
本当にすばらしいと思います。

水通しして、アイロンがかかった布たちが
こちらを見て手招きしています。

さあ、次はなにを作ろうかな?

あ、作品製作中に放っておかれて
ご機嫌斜めの娘の視線も痛かったりして。。。w

私のも作って!(4歳でも、さすが女子!)


読んでいただいてありがとうございました^^

 

【ランダム★記事紹介】

コメント欄